ニュース

園設備の危険箇所見直し及び対策強化について

先日広島市内の保育園で、園外に出た5歳男児が川で亡くなるという悲しい事故がありました。
この事故を受けて、キートス全園で改めて危険箇所の見直しを行ない対策を強化いたしましたのでお知らせいたします。

今回の事故では園庭の植え込みやフェンス等の隙間を通って園外に出ることができたのではないかとみられています。
そこで、キートス全園において子どもたちがすり抜けることができる又は怪我につながる可能性が少しでもある箇所に、まずは応急処置をしております。
現在業者に依頼し、今後危険がないよう隙間を塞ぐための対応を進めているところです。
設置が完了いたしましたら追ってお知らせをさせていただきます。
何よりもお子様の生命・安全を守るため、悲しい事故を防ぐため、引き続き早急に対応を進めてまいります。


各園の対応は下記の園名をクリックするとご覧いただけます。

関連記事

  1. キートスチャイルドケアみつわ台、一時預かり行っています!
  2. CHANTOWEBにてキートスの取り組みを記事にしていただきまし…
  3. お知らせ【朝日新聞朝刊への掲載】
  4. 一時預かり利用について
  5. 【メディア掲載情報】本日の東京新聞に掲載されました✨
  6. 一時預かりの再開について(追加)
  7. ビッグクラッピーを試験導入!!
  8. 感染者発生時における感染者についての情報公開について
PAGE TOP